Microsoft Outlook 2007(設定):POP3S

POP3Sでの設定の説明です。IMAP4Sでの設定はこちら。
  1. Microsoft Outlook 2007を起動します。
    キャプチャ画像
  2. 「ツール(T)」→「アカウント設定(A)」をクリックします。
    キャプチャ画像
  3. 「新規(N)」をクリックします。
    キャプチャ画像
  4. ”サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する(M)”にチェックを入れ「次へ(N)」をクリックします。
    キャプチャ画像
  5. ”インターネット電子メール(I)”を選択し「次へ(N)」をクリックします。
    キャプチャ画像
  6. 以下のように各項目を入力し「詳細設定(M)」をクリックします。
    キャプチャ画像
    名前(Y) 任意の名前を入力
    ※ここで入力した名前は、メールを送信した際に[送信者名]として受信者に通知されます。
    電子メールアドレス(E) メールアドレスを入力します
    アカウントの種類(A) POP3
    受信メールサーバー(I) poXX.synapse.ne.jp
    メールアドレスの@より右側を入力します
    送信メールサーバー(SMTP)(O) poXX.synapse.ne.jp
    メールアドレスの@より右側を入力します
    アカウント名(U) メールアカウント名を入力します
    メールアドレスの@より左側を入力します
    パスワード(P) メールパスワードを入力します
    パスワードを保存する(R) チェックします
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合にはチェックボックスをオンにしてください(Q) チェックしません

    XXは数字が入ります

  7. ”インターネット電子メール設定”の画面が表示されます。
    キャプチャ画像
  8. [送信サーバー]タブをクリックします。
    ”送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)”にチェックし、”受信メールサーバーと同じ設定を使用する”を選択します。
    キャプチャ画像
  9. [詳細設定]タブをクリックし、以下のように各項目を入力し、[OK]をクリックします。
    キャプチャ画像
    受信サーバー 995
    このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックします
    送信サーバー 465
    使用する暗号化接続の種類 SSL

    “サーバーのタイムアウト(T)”“サーバーにメッセージのコピーを置く(L)”は、任意の設定になります。(IMAP設定と併用している場合、「サーバから削除」のチェックがついていると、IMAP側のメールも削除されます。ご注意ください。)

  10. 「次へ(N)」をクリックします。
    キャプチャ画像
  11. 「完了」をクリックします。
    キャプチャ画像

ページ最上部へ

ページ最上部へ