FFFTP


■はじめに■

FFFTPをお持ちでない場合は、まず以下のサイトから無料ダウンロードを行って下さい。


FFFTP(フリーソフト) を利用した、ホームページのアップロード方法についての説明です。


■転送設定■

1.FFFTPを起動します。

キャプチャ画像

ページの上

2.ホスト一覧の画面が表示されますので、「新規ホスト(N)」をクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

3.[基本]タブを選択し、以下のように各項目を入力します。

キャプチャ画像

ホストの設定名 任意の名前を入力します
ホスト名(アドレス) wwwXX.synapse.ne.jp
ユーザー名(U) ホームページアカウント名を入力します
パスワード/パスフレーズ(P) ホームページパスワードを入力します
ローカルの初期フォルダ(L) 入力する必要はありません(任意)
ホストの初期フォルダ(L) public_html
最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする(F) チェックしません(任意)

XXは数字が入ります
※独自ドメインをご利用のお客様は、ホスト名に「お客様ドメイン名」を入力します

ページの上

4.[拡張]タブを選択し、”PASVモードを使う(V)”にチェックを入れ「OK」ボタンをクリックします。
※この状態でFTPサーバーに接続できない場合は、チェックをはずしてください。

キャプチャ画像

これで、FFFTPの設定は完了です。

ページの上


■転送設定の確認■

1.FFFTPを起動します。

キャプチャ画像

ページの上

2.ホスト一覧の画面でSYNAPSEの設定を選択し「設定変更」をクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

3.[基本]タブを選択し、以下の内容を確認します。

キャプチャ画像

ホストの設定名 任意の名前を入力します
ホスト名(アドレス) wwwXX.synapse.ne.jp
ユーザー名(U) ホームページアカウント名を入力します
パスワード/パスフレーズ(P) ホームページパスワードを入力します
ローカルの初期フォルダ(L) 入力する必要はありません(任意)
ホストの初期フォルダ(L) public_html
最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする(F) チェックしません(任意)

XXは数字が入ります
※独自ドメインをご利用のお客様は、ホスト名に「お客様ドメイン名」を入力します

ページの上

4.[拡張]タブを選択し、以下の内容を確認します。

キャプチャ画像

FireWallを使う(F) チェックしません
PASVモードを使う(V) チェックします
フォルダ同時移動を使う(S) チェックしません
ポート番号(X) 21
アカウント(C) 入力する必要はありません
ホストのタイムゾーン(T) GMT+9:00(日本)
セキュリティ(Q) 自動認識
接続時にホストに送るコマンド(T) 入力する必要はありません

※この状態でFTPサーバーに接続できない場合は、”PASVモードを使う(V)”のチェックをはずしてください

ページの上

5.[文字コード]タブでは設定する項目ありません。

キャプチャ画像

ページの上

6.[ダイアルアップ]タブを選択します。

キャプチャ画像

”ダイアルアップで接続する(D)”はチェックする必要はありませんが、ここはお客様の任意の 設定になります。

ページの上

7.[高度]タブでは設定する項目ありません。

キャプチャ画像


■アップロード方法■

1.FFFTPを起動します。

キャプチャ画像

ページの上

2.ホスト一覧の画面でSYNAPSEの設定を選択し「接続」をクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

3.接続が成功すると下図のように表示されます。
※画面右側の表示が「/ホームページアカウント名/public_html」となっていることをご確認ください。

キャプチャ画像

ページの上

4.転送するファイルを選択し、「アップロードボタン」をクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

5.画面右側にアップロードしたファイルが表示されたらファイル転送は成功です。

ページの上


■アップロードしたファイルの削除方法■

1.FFFTPを起動します。

キャプチャ画像

ページの上

2.ホスト一覧の画面でSYNAPSEの設定を選択し「接続」をクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

3.画面右側から削除するファイルを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

キャプチャ画像

ページの上

4.「はい(Y)」をクリックすると削除できます。

キャプチャ画像

ページの上

ページ最上部へ

ページ最上部へ