メールの振り分け(メールヘッダ)

メールのヘッダで迷惑メールを振り分ける Thunderbird

「迷惑メールフィルター」では、迷惑メールとして検知されたメールのヘッダ(X-SPAM)にSpamという文字を挿入します。
ここではフリーのメールソフトであるThunderbirdの「メッセージフィルター」機能を使って受信した迷惑メールを特定のフォルダーに移動させる設定例を紹介します。
※正常なメールを迷惑メールとして誤って検知する可能性があります。
※検知もれにより迷惑メールを正常なメールとして扱う可能性があります。

設定方法

Thunderbird 78.0.1

  1. 移動先フォルダー作成画面を開く
    ※すでに移動先フォルダーがある場合は「3.」までスキップ。
    「ファイル(F)」→「新規作成(N)」→「フォルダー(F)」を選択します。
  2. 移動先フォルダーの作成
    入力後、「フォルダーを作成(R)」をクリックします。
    • 名前(N):迷惑メール
      ※任意の名前でかまいません。
    • 作成先:受信トレイを指定します。
  3. 「メッセージフィルター(F)」画面を開く
    メニューから「ツール」→「メッセージフィルター」と選択します。
  4. 「新規メッセージフィルター」の作成
    「新規(N)」をクリックして、新しい振り分けルールを作成します。
  5. フィルターの設定
    それぞれ次のように選択します。
    • フィルター名(I): 迷惑メール
    ※任意の名前でかまいません。
    条件の選択肢に「X-SPAM」がない場合、「カスタムヘッダー」を選択します。

  6. カスタムヘッダー
    振り分け条件となるキーワードを指定します。
    X-SPAM と入力して追加ボタンを押し、「OK」ボタンをクリックします。
    ※すべて半角大文字で正確に入力してください。

  7. ヘッダー情報の指定
    7-1.
    「X-SPAM」 「に次を含む」 「MEIWAKU」 と
    「X-SPAM」 「が次で始まる」 「Spam」を指定します。
    ※すべて半角で正確に入力してください。
    ※すでにMEIWAKUが設定されている場合は、Spamのみ追加してください。
    7-2.
    「以下の動作を実行する」の項目で「メッセージを移動する」を選択し、「移動先フォルダ」を指定します。
    ※すでに指定されている場合は選択不要。
  8. 設定完了
    「OK」ボタンをクリックして、設定完了です。

ページ最上部へ

ページ最上部へ