「アンチウイルス for Mail」について

『アンチウイルス for Mail』について

「アンチウイルス for Mail」って何?

「アンチウイルス for Mail」は、コンピュータウイルスの主要な感染源といわれるメールの送受信の際に、ウイルススキャンエンジンを経由させることで、メールに添付されているファイルのウイルス感染をチェック、安全な状態にしてメールの送受信を行うサービスです。
このサービスは、シナプスが発行するメールアドレス全てに無料で提供されるため、お客様でのお申し込み手続きや、パソコン側での設定は一切必要ありません。

「アンチウイルス for Mail」はこんなに便利

  • 無料
  • 申し込み手続き不要
  • パソコン側での設定不要
  • ウイルススキャンエンジン側で最新のウイルス情報を更新
  • 他社メールアドレスへの転送、他社メールアドレスからの転送でもOK

ウイルススキャンの対象となるファイル形式

CPT, CPY, CRT, CSC, CSS, DAT, DEV, DOC, DOT, DRV, EE?, EFV, EML, FDF, FMT, FO?, FPH, FPW, GWI, HDI, HHT, HLP, HT?, HWD, IM?, IN?, ION, ISP, ITS, JAR, JP?, JS?, LGP, LNK, LWP, LIB, M3U, MBR, MB0, MB1, MB2, MD?, MHT, MOD, MPD, MRC, MS?, NEW, NWS, OB?, OC?, OL?, OUT, OV?, PCD, PCI, PD?, PF?, PHP, PI?, PL?, PNG, PRC, QLB, QPW, QTC, RAR, REG, RMF, RTF, SCR, SCT, SH?, SIS, SMM, SPL, SRF, SYS, SWF, TFT, TLB, TSP, VBS, VB?, VVV, VWP, VXD, URL, UNP, WIZ, WMF, WMP, WMV, WP?, WRL, WRZ, WS?, X32, XML, XRF, XSL, XTP, ZI?, Z0M, ZL?, ZZZ, 00?, 386, 3GR, {??, GZ?, TD0, TGZ, ??_ など

  • ※ウイルススキャンの対象となるファイル形式については、頻繁に更新されます。
  • ※圧縮ファイルは8段階まで対応してます。
  • ※分割ファイルやS/MIMEなどの暗号化メールには対応しておりません。

『アンチウイルス for Mail』の流れ

ウイルスを検知した場合

ウイルスを検知した場合に送信されるメール

『【シナプス】ウイルス駆除を行いました。ご安心ください。』という件名(Subject)のメールがお客様へ送信されます。

  • 元のメールは、ウイルス駆除された状態のものをご確認いただけます。
  • 既知のウイルスに感染していた添付ファイルは修復されます。
  • 未知の新種ウイルスに感染していた添付ファイルは削除され「0_Removed Attachment.txt」または「1_Removed Attachment.txt」のようにファイル名の先頭が数字から始まるファイルに置き換えられます。
  • ※シナプス宛のメールの場合、右画像のような内容のお知らせメールが届きます。
  • ※シナプス外へのメールの場合、ウイルスの駆除・修復のみを行います。
  • ※ご利用のメールソフトによってお知らせメールの件名や本文などが文字化けする場合があります。
  • ※WEBサイトからの感染の防止には『アンチウイルス for WEB』のご利用をおすすめいたします。

『アンチウイルス for Mail』ご確認事項

  • 「アンチウイルス for Mail」は、シナプス発行の全てのメールアドレスに、無料で付加されるサービスです。
  • 完全なウイルス防護を保証するものではありません。「アンチウイルス for Mailの流れ」でもご案内のとおり、メール受信以外の経路によるウイルス感染の可能性や、当サービスでも全く検知されない新種のウイルス出現などにより、ウイルス感染の可能性は残ります。
  • 当社は、シナプス利用規約に従い「アンチウイルス for Mail」を提供いたします。
  • デジタル署名付きメールの添付ファイルに、ウイルスが検知された場合、デジタル署名が無効となります。
  • 禁止事項
    以下の行為は、シナプス利用規約に抵触する行為とみなし、全サービス利用停止対象となります。
    • 当サービスの一部または全部に関して、第三者に対して使用許諾、賃貸、移転、頒布その他一切の権利移転、権利許諾行為。
    • いかなる場合を問わず、他のサービスに組み込み、付属させ、または、付加価値サービスとして当サービスを利用し、もしくは、利用させる行為。
    • 当サービスにかかるソフトウェアのソースコードを調べ、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、翻案等の試み、または、スキャンエンジンへの不正アクセス行為。
  • 当サービスは、定期、不定期に限らず、点検、修理、改良などの事由により、サービスを一時的に停止することがあります。サービス停止時は、事前告知を前提としますが、緊急を要する作業などの場合は、予告無く停止することがあります。
  • 当サービスは、何らかの都合により、予告無くその内容が変更されることがあります。
  • お客様の当サービス停止受付には、現在対応しておりません。
  • 以上