身に覚えのない請求メール

ある日突然、身に覚えのない、アダルトサイト情報料や、ダイヤルQ2使用料、その他の各種請求がメールで届いたとき、あなたならどうしますか?

実は、こういった身に覚えのない利用料金の請求を電子メールやハガキ、封書などにより、ある日、突然送られてくるといった被害が全国で多発しているのです。
こういった悪質な架空請求については、どのようにすればいいのでしょうか?

まずは、どういった内容なのか、代表的な手口を紹介するので確認してみましょう。

  • 件名に「最終勧告」「最終○○」「請求通知」「回収○○」などが書かれている
    他にもさまざまなタイトルが付けられていますが見ただけで怖くなるようなものに意図的にしているようです
  • 数日以内に指定口座へ振り込むようになっている
    金額が数千円から数万円程度でそれまでに払わないと「回収しに行く」や「法的に訴える」などが書かれており不安感を煽り、思わず振り込んでしまうような内容がほとんどです
  • 自分の名前がない
    ほとんどが一斉送信によるものであるため、差出人の名前はあってもあなた自身の名前がなく、番号しか書いていなかったりします
  • 「プロバイダや電話会社から個人情報を入手した」と書かれている
    プロバイダや電話会社などの通信事業者は法律上、守秘義務があるため、こういった事業者からの請求で個人情報を開示することはありません

上記のようなものは、悪質な架空請求であり、国民生活センターなどに多数、相談が寄せられています。たとえば、ダイヤルQ2や国際電話の請求は、NTT西日本や電話会社から直接請求が来ますから、他の業者が直接請求すると言うことはありませんよね。では、いったいどのようにすればいいのでしょうか。もし、こういった請求をされた場合は、以下のような対策をとることをおすすめいたします。

  • 身に覚えがない請求に応じて支払いをしない
  • 不明な場合は国民生活センターなどに相談してみる
  • 何度も続くようであればメールなどを保管しておく
  • 電話や自宅などへ身に覚えのない取り立てがあった場合、警察などに届ける

なお、シナプスではメールの件名や差出人のメールアドレス(ドメインでも)などによりメールを自動的にふるいにかけ、不要なメールは着信しないようにできる「迷惑メール着信拒否サービス」を無料で提供しておりますので、ご利用くださいませ。その他にも、以下に示すサイトにてこれらの情報が提供されているので、是非ご覧ください。

なるほど広場 トップページへ