常時接続での注意点

NTTのフレッツサービスを始めとするブロードバンド回線、CATV(ケーブルテレビ)などの24時間接続していても定額になるサービスが普及し、常時、インターネットに接続したままにする機会が増えてきました。ネットを利用する上では大変便利な時代になったわけですが、それに伴い、外部からパソコンに侵入される危険性も高くなり、セキュリティ対策も重要になってきています。実際に侵入されると以下のようなことが行われる危険性があります。

  • パソコン内にあるデータをの閲覧される
  • パソコン内のデータの改竄・破壊
  • ウイルスの混入
  • パスワード等の読みとり
  • 他のネットワークへの不正侵入のための踏み台

これらについては、常時接続ではなくても危険性がありますが、長時間、同じIPアドレスを利用する常時接続環境では、その危険性が高まります。
こうした危険は、OS自体のセキュリティ対策を的確に行い、パソコンとモデムやTAなどとの間にルーターという装置を設置したり、ファイヤーウォールソフトやウイルス対策ソフトなどを利用することでをかなり回避する事が出来ます。 最近では、ファイヤーウォール機能とウイルス対策機能が統合された製品などもあるので、そういったものを導入することも対策として有効です。
ただ、設定方法がそれぞれのソフトなどで違っていたり、設定によっては特定の機能が制限されることもあるので、体験版のソフトや、マニュアル・ヘルプ機能、そして開発元メーカーのサポートなども利用しながら、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

なるほど広場 トップページへ