国内の法律を遵守することが大前提!

現実社会と同様、ネットワーク社会も法律を守ることが大前提です!ホームページ上で許可なく薬物を販売したり、違法な猥褻(わいせつ)画像を公開することは現実社会と同等の違法行為となり、処罰の対象となります。

インターネットの法律に関すること

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部を改正する法律
インターネットを利用して性的な行為を表す場面や、衣服を脱いだ人の姿の映像を有料で見せる場合は、公安委員会への届出が義務づけられるなど、この法律による規制がかかります。 詳しくは警察庁ホームページでご確認ください。
不正アクセス禁止法(平成12年2月13日施行)
第三者のID・パスワードを用いてインターネットに接続することはこの法案により禁止されています。また他人のID・パスワードを無断で他人に教えることも、不正アクセスを助長する行為として罰則が適用されます。詳しくは警察庁ホームページでご確認ください。

大切なことは法律だけでなく「インターネットだから許される」ということはありません!エチケットやマナーの面でも現実社会で許されないことはインターネットでも許されない行為なのです。

なるほど広場 トップページへ