仕組みの説明

さて、実際にはどのような仕組みになっているかを簡単に説明すると、送信されたは、インターネット上の郵便局のようなものをいくつも経由して、相手専用の郵便受けに届けられ、相手は郵便受けを確認して初めてメールが届いていることを知り、そのメールを取り出して読むことが出来るわけです。

この時に、郵便局のどこかがおかしくなっていたり、相手が郵便受けを確認しなければ、そのメールは読まれることがありません。ですから、メールを送信したからといって、すぐに相手が読むというわけではないことを知っておきましょう。

さて、もう少し詳しく説明すると、メールがやりとりされる際には、

  • SMTPサーバー・・・メールを送るためのサーバー
  • POPサーバー・・・メールを受け取るためのサーバー

という2種類のサーバーが活躍します。

送信者→送信者が利用するSMTPサーバー→・・・受信者が利用するSMTPサーバー→受信者が利用するPOPサーバー←受信者

メール送受信の仕組み

上の図のように、メールを送った場合は、まず送信者が利用するSMTPサーバーから、いくつかのSMTPサーバーを経由しながら、最終的に受信者が利用するSMTPサーバーへ送られ、そこから受信者が利用するPOPサーバーへ送られます。 受信者は、このPOPサーバーへ接続してメールが届いていればそのメールを受け取るという動作を行います。

とはいっても、この一連の操作はメールソフトが自動的に行ってくれますので、利用者は難しく考えなくても構いません。

なるほど広場 トップページへ