インターネット用語集

【グリッドコンピューティングって何?】

インターネットなどのネットワークを通じで複数台のパソコンを結び、仮想的に高性能コンピュータを作るシステムです。

パソコンの進化には目を見張るものがありますが、しかし科学技術分野などの膨大な計算が必要な場面ではまだまだ力不足であり、相当な計算時間を要する場合があります。

そこで、インターネットなどのネットワークを通じで何万台ものパソコンをつなげることにより、膨大な計算処理をそれぞれのパソコンに細かく配分し分担させる「グリッドコンピューティング」が考案されました。そうすることで、個々のパソコンの処理速度が遅くても、全体では高速な処理を実現することが出来ます。

また、つながっているパソコンの「空き時間(パソコンの電源は入っているが特に操作をしていないようなとき)」のみ「グリッドコンピューティング」に参加するような仕掛けもあって、一般のインターネット利用者でも気楽に参加できるようです。

例えばNTT西日本で提供している「グリッドサービス」では、この「グリッドコンピューティング」への参加者に対価を支払うというサービスも行っているようです。
(NTT西日本のグリッドサービス https://www.nttw-grid.jp/)

「グリッドコンピューティング」は複雑な情報解析な必要な専門分野、例えば医療・天文・暗号解析等に活用されていましたが、最近ではビジネス分野への活用も期待されています。
(グリッド協議会 http://www.jpgrid.org/index.html)

(2006/02/09 掲載)





何ソレ集一覧へ戻る