インターネット用語集

【脆弱性(ぜいじゃくせい)って何?】

コンピュータやネットワークなどの情報システムにおいて、保安上脅威となる行為(システムの乗っ取りや機密情報の漏洩など)に利用できる可能性のあるシステム上の欠陥や仕様上の問題点のことです。

システムの脆弱性となるのは、ハードウェアの欠陥やソフトウェアのバグや開発者が予想しなかった利用形態や設計段階での見落としなどがあります。

最も多い脆弱性はソフトウェアのバグや仕様上の欠陥によるもので脆弱性が発見されると開発者により修正プログラムが提供されます。
みなさんの周りで一番身近な例が「Windows」です。

最近のウィルス(ワーム)は、Windowsやメールソフトなどの脆弱性を利用したものが多く「MSBlast」をはじめとして、2003年に猛威を振るったウィルス(ワーム)は、Windows2000とWindowsXPの脆弱性を利用したウィルスでした。

Windowsをお使いの方は、上記のような被害を未然の防ぐ為、定期的に「Windows Update」の実施をおすすめ致します。

Windows Update
https://www.synapse.jp/support/oh_i_see/basic/glossary/cgi/?e_027

(2004/1/3 掲載)
何ソレ集一覧へ戻る