インターネット用語集

【IM(インスタントメッセージ)って何?】

 インスタントメッセージとは、インターネットに接続してる人同士で、ほぼリアルタイムに文字での会話ができる機能です。そのためのソフトを、インスタントメッセンジャーといいます。

 チャットという機能がありますが、これは不特定多数の人が参加しておしゃべりするのが一般的です。
これに対して、インスタントメッセージは、基本的に1対1でおしゃべりすることですが、事前に登録している仲間同士での利用も可能であり、画像や書類などのファイルの転送もできます。

 このインスタントメッセージを利用する為には、自分のパソコンと相手のパソコンに同じインスタントメッセージソフトを組み込む必要があります。利用する際には、ソフトを起動し、インターネットに接続すれば、相手のパソコンがインターネットに接続されているかどうか確認することができます。

 このように、頻繁にインターネットを利用している人同士の連絡方法として、利用者が増加しています。
 また、オンラインゲームやインターネット電話、ビデオ会議など他のアプリケーションソフトと連携することもできるものも登場しています。

主なインスタントメッセンジャーは、
Windows Messenger(ウィンドウズ・メッセンジャー)
MSN Messenger (マイクロソフト・メッセンジャー)
Yahoo メッセンジャー

(2005/2/28 掲載)
何ソレ集一覧へ戻る