インターネット用語集

【FD(フロッピーディスク)って何?】

フロッピーディスクは、磁性体を塗った円形のプラスチックフィルムを回転させながら、両面を使い、何回でも編集ができるメディア(データ記憶媒体)です。大きさは3.5インチ、5インチ、8インチの3種類がありましたが、現在では8インチと5インチは使われていません。

1970年から現在に至るまで、多くの方に愛用されてきましたが、ここ最近では、新しいコンピュータにフロッピーディスクの読み取り書き込みを行なう装置が付いていないパソコンが登場してきました。

一般的なフロッピーディスクの容量は、1.44MB(メガバイト)しかなく、文書などのデータを保存するには十分ですが、それ以外の写真や動画(映像)などのデータを保存するには、容量が不足します。

これに対し、容量が通常64MB~256MBのフラッシュメモリ、700MBのCD、4.7GB(ギガバイト)~9.4GBのDVDなど大容量メディアの普及やネットワークの高速化・低価格化に伴い、徐々にフロッピーディスクの利用頻度が少なくなっています。

(2004/9/11掲載)
何ソレ集一覧へ戻る