インターネット用語集

【TOやCC、BCCって何?】

先週に引き続いてメールの話題。メールを送信する際、宛先にメールアドレスを指定することは TO (トゥー)に当たり、「TOで送信した」とか言います。
TOで送信する相手へのメッセージはその相手へ直接の用件の場合用います。
よって1対1のメール送信の場合、これだけでことが足りるわけです。
ではCC とか BCC とは何か?CCはカーボンコピーの略。
AさんにTOで送信した内容を、Bさんにも見ておいてもらいたい場合、CC欄にBさんのメールアドレスを記入します。
この場合、このメールはTOでAさんに、CCでBさんに送信されている事がメールヘッダー(メール冒頭の情報)からお互いに分かります。
これに対しBCCはブラインドカーボンコピーの略で、例えば10人の友達、自分から見ればみんな友達だが、それぞれ10人は知合いじゃない場合、10人のメールアドレスをTOとかCCで送信してしまったら、10人全員のメールアドレスが見え見え、ばればれになってしまいます。
知合いでも何でもない人たちに、自分のメールアドレスが、自分の意志とは関係なく知らされたんじゃ、しゃれになんないですね。
こういうときには、10人のメールアドレスはBCC欄に書きます。
これで10人のメールアドレスはヘッダー情報から隠されます。
TOには自分のメールアドレスを入れたりします。
何ソレ集一覧へ戻る