サポート掲示板

 ちょろ  - 08/12/7(日) 0:49 -
パスワード
断片的なお話を拝見させて頂きました。
その中でのお話ですので、間違っていたら申し訳ありません。

まず、CDのコピーと言うタイトルなので・・・
取り込まれたデーターで作成されたCDを、再度コピーしようと思ったら再生出来ないと言う事であれば、WMAに著作権が掛かっているのかもしれません。

そうではなく、自分で持っているWMAをコンポで聞く為のCDを作成したいと言う場合であれば・・・

まず確認しなければならないのが、お使いのコンポがMP3やWMAを再生できるコンポなのかどうか?

と言うことです。

なぜなら、WindowsXPを使われている環境なので『Windowsでの自動再生』を、『CDの再生』と勘違いされている可能性が考えられるためです。

最近のコンポ等は、『MP3』や『WMA』対応の再生プレイヤーが多いですが、中には対応していない物もあります。
対応している場合、大体は機器の表面に対応している拡張子、ここで言う『MP3』とか『WMA』のマークが書かれています。

そういったマークが無いコンポの場合は、基本『AudioCD』しか再生出来ません。

しかし、Windowsの場合は自動再生で自動的に判別して再生することが出来ます。
見た目はあたかも一緒の様ですが、内容は大きく違います。

MP3やWMAと呼ばれる物は、人間に聞こえないレベルの音の排除や、さまざまな技術を駆使し、元の音源を『圧縮』することにより、『データーの低減』を行ったデーターの集まりです。

再生する時は、その『圧縮したデーター』を音として変換して再生しています。

しかしAudioCDは、サンプリングレート44100Hzなので、『時間で決定』されます。

仮に、1時間半の講義を録音されたとしましょう。

WMAファイルの容量は120MByte程度でCDに『データーCDとしては書き込み』出来ますが、『AudioCDでは無理』です。

CD-Rメディアを購入される場合、700M/80分とか、650M/74分と書いてあるはずです。
これは『データーであれば○○○MByte』、『Audioであれば○○分』書き込みができると言う事をあらわしています。

90分のAudioは書き込むことが出来ません。例えそれが120MByteであってもです。

最初で書いている通り、対応しているプレイヤーなら『データーCD』でいけますが、対応していない場合には再生するCDを作ること自体が不可能となります。

BHAでAudioCDとして普通に作成すれば、WMAも対応していますので再生できるはずです。

AudioCDの作成で容量を超えてしまうのであれば、それは作ることが出来ないCDなので、時間を分割するしかありません。

WAV変換で容量がでかくなると言うことなので、時間の壁で引っかかってるのかな?

と思いました。

404 hits
引用なし
記事が属するツリーの記事を全て表示します 【13657】CDのコピー jo 08/11/29(土) 9:55 質問
【13658】Re:CDのコピー (◎-◎) 08/12/1(月) 0:21
【13660】Re:CDのコピー jo 08/12/1(月) 17:25 質問
【13659】Re:CDのコピー wtz 08/12/1(月) 7:45
【13661】Re:CDのコピー jo 08/12/1(月) 17:28 質問
【13662】Re:CDのコピー so 08/12/2(火) 6:26 情報
【13663】Re:CDのコピー jo 08/12/2(火) 14:48 質問
【13664】Re:CDのコピー so 08/12/2(火) 20:13
【13665】Re:CDのコピー jo 08/12/5(金) 13:04 質問
【13666】Re:CDのコピー so 08/12/5(金) 22:04
【13667】Re:CDのコピー so 08/12/6(土) 5:58 情報
【13668】Re:CDのコピー jo 08/12/6(土) 17:02 質問
【13669】Re:CDのコピー so 08/12/6(土) 18:09 情報
【13672】Re:CDのコピー jo 08/12/8(月) 17:06 質問
【13676】Re:CDのコピー so 08/12/9(火) 21:14 情報
【13677】Re:有難うございました jo 08/12/10(水) 12:51 重要・注意
【13670】作りたいCD ちょろ 08/12/7(日) 0:49
【13673】Re:作りたいCD jo 08/12/8(月) 17:23 質問
【13674】面倒かも知れませんが ちょろ 08/12/8(月) 18:52
【13678】Re:面倒かも知れませんが jo 08/12/10(水) 12:53 答え

ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.